• Mon - Sat 8.00 - 18.00
  • 1010 Moon ave, New York, NY US
  • +1 212-226-3126

Аренда (чартер) яхт по всему миру

available 0cars

最近、シックでリラックスする機会がますます多くの人々に現れています。 それにリゾートタウンのホテルでの通常の休暇に加えて、休暇をとる人は快適なヨットで海岸線に沿って、クルーズ船を好むようになりました。

これらの公共の代表者のうちの何人か(より裕福な人たち)はすでに自分のヨットを手に入れて、そしていつ、どこで贅沢な船に行くのかを自分で決めています。 さて、あまり裕福していないのはヨットを借りてそれだけでは満足することしかできません。 しかし、後者にとっては、これは最悪の選択肢ではありません。贅沢な条件を手に入れ、比較的少ないお金で素晴らしい時間を過ごすことができるからである。

しかし、ヨットのレンタル料はいくらですか。

最初に、鑑定しましょう。 - 通常ヨットチャーターに費やされる合計価格はいくらでしょうか。

歳出

各項目ごとに考えておこう:

  1. 実際にヨット自体を借りるのですが、その費用は最初の交渉の間にあなたに表明されるか、あるいは専門サイトのページで表示される。 特に、私達のカタログにはこの金額が含まれる:
  • ヨットのレンタル
  • 乗組員のサービス
  • 乗組員の食糧
  • 乗組員および船の保険
  • 国家の海ヨットハーバーの駐車料金、もしこれは途中であれば。

この数字は、大体の場合、船の大きさ、船上での休憩の条件、季節、そしてヨットの目新しさに左右されます。 つまり、船舶が古くてサイズの小型ほど、ヨットを安く借りることができます。これに関連して、ローシーズン中、または事前に船を予約する際のチャーターにも同じことが当てはまる。初期設定デフォルトでの合計額はヨットチャーターの週にむけて巡航中の予想で計算される。もっと短い期間を取りたい場合は、あなたに価格を6に割って、提案されたレンタルの日数を掛け算しなければなりません。より多くの巡航時間(1週間以上)がある場合、全価格を7で割ってからそして日数を掛け算する。つまり、どちらの場合も1日の間ヨットレンタル価格は異なります。なぜそんなに「不正」なのでしょうか。これはクルーズに関連する船を準備するための人件費によるものである。つまり、チームには、小旅行および長い航海の両方に備えて、同じ量の努力をしなければならないからである。さらに、チャーター間の 不可避遅れアイドル時間も考慮に入れています。

  1. 関連した費用。Аすなわち以下の費用が必要となります。
  • 燃料;
  • 乗客への食事提供
  • お客様用のアルコール飲料およびノンアルコール飲料。
  • ボート艇の燃料および水で遊ぶ玩具;
  • 海の運河を通過するのに使う料金
  • プライベートマリーナでの駐車料金。
  • 洗濯物
  • 乗客のその他、個人的な経費。

このような費用の計算は、旅行の終わりに行われます。つまり、元の金額にさらに30%の値を思いきって追加する。

  1. 付加価値税

欧州連合のほとんどの国では、運賃額に付加価値税VAT (Value Added Tax)が課されている。それも、その値は、あなたが旅行している国々と水域、またはヨットが走る旗に拠って異なります。平均して、これはチャーター便の価格に応じて10-20%の 付加金の支払えを課さられる。

  1. 艇員に対するサービス料

あなたの休日を完璧にするためにはまた船舶のお仕事の支え、その移動、そして旅客の全サービスをサポートする、艇員の労務に頼る。そしてクルーズ旅行期間中、実は従業員ら、ずっと24時間体制でサービスをしてくれる。そういう訳で、物事の順序で彼らの仕事に感謝すべきです。サービスチップ料の大きさはかなり広い範囲で変化する。ヨーロッパでは、このような割り増し金はレンタル金額の5〜10%範囲内の値になる。一方、米国の沿岸やカリブ海でチャーターする場合、サービス料のチップは – 約10-20%より高くなります。

  1. 船を港湾に戻す

船舶の能力状態に基づいて自分のルートを自分で決める権利を持つ。しかし、貴方はヨットを着陸港に入れないで降りることになった場合は、船を逆戻りさせる費用を補償する準備をしなければなりません。大体の場合、この金額には、逆戻りの時に必要なルートを通過するのに費やされた燃料のコストおよび船籍港の登録港(またはその他の必要な場所)に返却されるレンタル日数が含まれる。

  1. 担保

これは支出の項目ではないかもしれませんが、非常事態対処準備や契約締結に使う証拠金に備える時に望ましい金額である。新しいヨットの所有者に対する必須の条件 – 可能な財産損害に対する担保の預け入れ は含んでいます。こういう金額は、大型ヨットで最大10〜20,000ユーロに達することがあり得る。(最大の長さ60メートル) したがって、この状況に備えておくことが望ましいです。

これらはあなたがチャーターの間に払い戻さなければならない基本的な基準経費である。

予算オプション

あなたがたくさんのお金を使う準備ができていないならば、この場合は15-20メートルの小さな船を借りるのが理想的である。 このようなレンタルヨットの価格は安いです。多くの場合には週に1500-5000ユーロの範囲内になる。そのために小さなヨットでは乗組員は最小限であるので(時には一人か二人の人だけで構成される。)、乗組員の費用は小さくなるはずです。(一日あたり約150-200ユーロ)。さらに、食事代は一人当たり約200-300ユーロで、追加費用は一人当たり約50-100ユーロになる。

贅沢旅行をお手頃価格で。